中央区エリアについて

ビジネスの中心としての役割を果たす中央区

ビジネスの中心

港区や千代田区に次いで多くのオフィスを抱えるエリアである中央区。昼夜間の人口比率は千代田区に次いで高いと言われ、23区の中央に位置するという立地だけでなく、ビジネスの中心として重要な役割を果たしているエリアといえるでしょう。

近年、東京23区の中には、大規模なオフィスビルが建設され、新しいビジネスエリアが次々と誕生しているところがたくさんありますが、中央区の場合は日本橋や銀座など、古くから実業、商業の中心地としての歴史があるエリアです。

日本橋兜町といえば、金融取引の中枢といえますし、銀座は日本を代表する繁華街です。移転問題で揺れてはいるものの、多くの人々の「食」を支える築地市場もありますし、卸問屋なども多く存在しているエリアなのです。

ビジネスエリアとしての人気

中央区というとどうしても華やかな銀座や、金融関連の大手企業がオフィスを構えるビジネスエリアを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は佃や月島など情緒あふれる下町も擁しているという一面も持ち合わせています。

最近は、東京オリンピックの開催を間近に控え、選手村となる晴海をはじめとする中央区のウォーターフロントエリアも急ピッチで開発が進められています。

中央区がビジネスエリアとして高い人気を誇る理由は、江戸時代から商業の中心として栄えてきたという歴史があります。さらに、地下鉄を中心とする鉄道路線網が細かく張り巡らされていること、バス路線も充実していることだけでなく、東京港晴海ふ頭や、東京シティエアターミナルの存在などにより、陸海空の玄関口としての利便性の高さなどがあげられます。

古くからの老舗オフィスも多い中央区ですが、大規模な再開発も行われており、新しい中央区の賃貸オフィスも次々に登場しています。銀座エリア最大の商業施設として「GINZA SIX」が開業したことは記憶に新しいですが、今後も中央区エリアにはさまざまな商業・オフィス向け施設の建設が予定されており、ビジネスエリアとしての人気も衰えることはなさそうです。