月島の賃貸オフィス

月島は庶民的で住み心地の良い街

「東京都中央区月島ってどんな街?」と尋ねられたら、月島に住んでいる人の多くは「江戸っ子の人情味にあふれたとても住みやすい街」だと答えることでしょう。

下町の情緒あふれる街であり、月島といえばもんじゃ焼きの発祥地として全国的にも有名ですね。

東京では街の特色を表わす言葉として、下町という言葉がよく使われていますが、そもそも下町とは地形として低い位置にある街のことを指していますが、徳川幕府の江戸時代には士農工商などの身分によって、庶民が居住する場所が決められていたと伝えられています。

高台には武士や僧侶、低地には農家の人々や商業、工業を営む人などが集中していました。

武士に対して身分の低い庶民が住む街であったことから、下町と呼ばれるようになったとも伝えられています。

中央区を代表する下町と言えば、日本橋や勝どき、京橋、そして月島ですね。

庶民的な下町の月島にも、近年は高層ビルが多く建ち並ぶようになり、賃貸オフィス物件も豊富にあります。

 

月島の賃貸オフィス事情とは

月島と言えば庶民的で住みやすい街といった印象がありますが、賃貸オフィスはどのような物件があるのでしょうか。

月島には築5年~20年の良質な賃貸オフィス物件が、豊富にあります。同じ中央区でも他の街に比べると、地上20階以上のビルは少なく、3階建てから12階建て・鉄骨鉄筋コンクリートの物件が多いようです。

月島周辺には、月島駅・築地駅・勝どき駅などかありますので、月島のどの物件を選んでも交通面で不便さを感じることはまずないでしょう。
周辺にはコンビニやカフェ、レストランや居酒屋などもあり、中小規模のお店がたくさんあります。

本場のもんじゃ焼きのお店も多く、老舗の名店もたくさんあります。

立地条件も良くて、近くには石川島公園や中の島公園などもありますので、仕事の合間、休憩中に散歩を楽しむのも良し、広大な海の風景も楽しめるのが月島の魅力ですね。