Search
Search Menu

過払い金の時効

重要なポイントとなる過払い金の時効

完済日から10年以内なら、取り戻せる可能性有

借金を完済しているなら、借金の思い出は、思い出したくもない嫌なことかもしれませんが、過払い金があるとわかれば、取り戻せる可能性はありますので、施肥、手続きの行動は起こすことをおすすめします。

取り戻せる可能性があるといったのは、取り戻せる条件としての時効が過ぎているか、いないかで変わってくるからです。時効はいつかといえば、完済した日から10年となっています。10年を過ぎると時効ということで請求権という取り戻す権利がなくなり、過払い金が取り戻せなくなってしまうのです。よく「過払い金請求には期限があります」などといったアナウンスをテレビやラジオCMで目にしたり、耳にしたりするかもしれませんが、時効のことをいっているのです。

完済したという記録が手元にあれば一番わかりやすいのですが、記憶があいまいの場合でも、司法書士事務所や弁護士事務所などに問い合わせれば調査できることがあります。もし、過払い金があるとすると、数万、数十万、数百万というかなりな金額になっているはずです。

相談は無料で、フリーダイヤルやWEBで受け付けていますから、相談だけでもしてみる価値はあるでしょう。

過払い金の時効の起算日で取り戻し額が違う

過払い金の時効は、完済した日から10年ですが、同じ貸金会社から何回も借金と完済を繰り返したという人もいるでしょう。

もし、まとめた金額でなく、借りた回数分それぞれに完済期限があるとすれば、それぞれの完済日が時効の起算日になりますが、複数の回数分をまとめているとすれば、一番最近の完済日が時効の起算日となります。この辺がややこしいのですが、いつが時効の起算日となるかで過払い金の取り戻し額は変わってきますから、とても重要なポイントになります。

自分で貸金会社と交渉しても、相手は当然、それぞれの完済期限を主張して、少しでも支払額を減らそうとしますから、最初から司法書士事務所や弁護士事務所などに任せたほうがスムーズに事は運ぶでしょう。