Search
Search Menu

過払い金の税金

過払い金の税金も注意しておきたい

過払い金に利息があれば税金を考えよう

何らかのお金を手に入れると、私たちが心配するのは税金のことです。

元々、自分が支払い過ぎたお金を取り戻すことになる過払い金でも、税金はかかるのでしょうか。答えは、税金がかかる人とかからない人がいることになります。

一般的には自分のお金を返してもらうという過払い金請求は、法的には「不当利益返還請求」ですから、収入ではありません。収入とみなされるかどうかが税金の根本ですから、単に元本部分のお金を返してもらうだけでは税金はかからないのです。ただ、何年も経って請求した過払い金に利息(延滞遅延金)が発生するとなれば、利息部分に税金が発生することになります。

その場合は、確定申告をしなければならなくなります。また、現在、生活保護を受けている人が過払い金請求をした場合には、過払い金全額が一時所得とみなされますので、税金がかかります。これも確定申告をしなければなりません。

これが過払い金の税金に対する基本的な考え方ですが、一番確実なのは、過払い金を取り戻す時にお世話になった司法書士事務所や弁護士事務所などや、管轄税務署に直接聞いてみることです。

過払い金利息20万円以上が税務申告の基準額

過払い金の税金で具体的な結論をいうと、税務申告をしなければならないのは、“過払い金以外に過払い金利息が20万円以上ある場合”です。

過払い金請求をすると、戻ってくるお金は「過払い金」+「過払い金利息」となります。注意したいのは、この「過払い金利息」なのです。

単純に過払い金は、自分のお金を返してもらっただけなので所得ではありません。ところが、利息がつけば利益をみなされることになるのです。その基準が20万円以上と決まっています。普通は、利息までつけて最初から返そうとする貸金会社はいませんから、裁判をすることになります。

ですから、現実には過払い金が取り戻せるだけでも良かったということがほとんどで、裁判までして利息を争うことはしないため、多くは税金がかからないのです。